ALC目地シールの剥がれ、切れに起因する雨漏り

このページは現在作成中です。

梯子で工事ができる場合は、梯子を使用して工事をするときもあります。

画像の説明

外壁がALCの場合、ALCが割れていたり、目地シールが剥がれていたりすることに起因する雨漏りあります。
ALC目地は建物に動きがあった時に動くので、動機に追従できず、剥がれたり、切れてしまったりすることもあります。

画像の説明

このように目地シールが剥がれていることによって、雨水が侵入して雨漏りすることも結構多いようです。

画像の説明

まず、目地シールが剥がれている個所があれば、目地シールを撤去します。
次にシールを施工するのですが、やはりテープ養生をして仕上がりはきれいにしたいものです。

画像の説明

テープを除去すると、テープの線が出てきれいに見えます。
仕上がり具合、見た目もやはり大事だと思います。

画像の説明

この角も割れていますね。
ここも雨漏り危険個所です。

画像の説明
テーピングをして仕上げるときれいに仕上がります。
僕に雨漏り修理の依頼が来る前に、既に業者か施工をしている場合、テープ養生もしないで、シールをべたべた塗りたくったような仕事を見かけることがあります。

ちょっとしたことですが、施工した職人の仕事に対しての考え方がはっきり出るのが仕上です。
汚い仕上げを見た時、シーリング工程な中でも重要なプライマー塗布、という工程をやっているのかな!? とちょっと疑わしく思うのは僕だけでしょうか。

確かに梯子を使用しての施工は、両手を十分に使えないこともあります。
僕はよほどのことがない限り、ノーテープで仕上げることはありません。

時には右手だけでテーピングしたり、利き手じゃない左手でヘラ仕上をしたりすることもあります。
仕上げにくい場合は、なおさらテーピングが必要です。
テーピングなしできれいに仕上げられるわけがないと思います。

こんなとこにも真面目さが出てしまうのかもしれませんね。

ALC目地シールの剥がれ、切れ、ALC外壁が割れていたりすると、雨漏りの原因になってしまいます。
お困りでしたら、職人社長の安藤へご連絡ください。

工事は本気で真剣! 全力で取り組みます。

(2017.2.18/ 1級防水技能士、職人社長の安藤)

職人社長安藤のblog/ 雨漏り調査・診断・修理・防水工事

お問合せはこちら

ご質問、雨漏り調査診断修理、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水、バルコニー防水、外壁防水塗装など防水工事のお見積り依頼はこちらまで。
お電話、ファックス、またはメールフォームより、お気軽にどうぞ。

電話 048−422−8737  ファックス 048−422−8747

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木3−17−4
『雨漏り補修&防水工事の専門店』、クリエイトコスモ株式会社