屋根塩ビシート外断熱防水改修/ウレタン防水外断熱・機械的固定工法

埼玉県/戸田市の個人邸の屋根塩ビシート外断熱防水は、経年劣化の為、塩ビ防水シートは縮んでしまい、亀裂が生じ、雨漏りがしていました。

画像の説明

塩ビシート防水は丈夫な防水ですが、さすがに20年、25年の経年劣化には耐えられなかったようです。
防水改修の手順は、まず既存塩ビシート防水の撤去です。

画像の説明

立上り部分の塩ビシート防水を撤去、次に平場部分の撤去です。
白いのが断熱材です。
断熱材が外側にあり、これを外断熱といいます。
外断熱工法は内断熱工法と比べて、外部の温度変化を断熱材が遮断するので、建物内部の結露を抑えたり、建物の蓄熱を防ぐなどの特徴があります。

画像の説明

今回は既存の断熱材を活かし、再利用をするので、産業廃棄物の処理費、運搬費などの余計な経費を抑えることが可能になりました。
「お財布にやさしい防水改修工事」というわけです。

画像の説明

既存塩ビシート防水の撤去が終わると、絶縁シートを貼り付け、固定金具で固定します。
これを機械的固定工法と呼んでいますが、この固定金具の取り付けは、台風が来ても耐えられるよう固定金具の本数を多くしたり、シート端末部の補強など、工夫が必要なんです。

このような工事を外注に丸投げするような恐ろしいことは、当工事店はしません。
強風で防水層が飛んじゃいましたじゃ困ります。
とても笑えない、とんでもないことです。
当工事店の下に、外注・下請け業者を作らない理由は、これなんです。

画像の説明

ここまでしっかりとしたことをやったら、1回目のウレタン防水を塗布します。

画像の説明

1回目のウレタン防水の硬化を確認してから、2回目のウレタン防水を塗布。

画像の説明

仕上は防水保護層の塗布です。

ウレタン防水/外断熱・機械的固定工法は、誰でもできるわけではありません。
やはり、経験、知識、それと現場で学んでことを自分の知恵として活かすことができるか、が重要なポイントになります。

防水工事は防水職人であれば、誰でもいいわけじゃない、防水工事に情熱があるか、どれだけ本気で真剣に仕事に取り組んでいるかが大事なんだと思います。
(2017.2.8/1級防水技能士/職人社長の安藤)

お問合せはこちら

ご質問、雨漏り調査診断修理、屋上防水、屋根防水、ベランダ防水、バルコニー防水、外壁防水塗装など防水工事のお見積り依頼はこちらまで。
お電話、ファックス、またはメールフォームより、お気軽にどうぞ。

電話 048−422−8737  ファックス 048−422−8747

〒335-0031 埼玉県戸田市美女木3−17−4
『雨漏り補修&防水工事の専門店』、クリエイトコスモ株式会社